日本ならでは

ウェディングスタイルは様々ありますが、日本ならではのスタイルが神前式です。神前式は、名前の通り神社や神殿などの神前で挙式をするスタイルの結婚式のことです。古来からの愛される神々や、土地を守る神々に2人の愛を近います。江戸時代では、神々に結婚の報告をする祝言が行われてしました。それから、大正天皇の結婚式をきっかけとして、一般的にも神前式が広がっていきました。他のウェディングスタイルに比べると、厳粛な雰囲気の中で式が行われますが、その奥ゆかしさや厳粛さが若い人の人気を集める理由となり、近年再び神前式を挙げる人が増えてきています。東京にもこのような式を挙げる会場があります。

東京で神前式を挙げられる所は多いです。神社や神殿などでも挙げることができますし、東京にはホテルが多いので、ホテルの仮神殿などでも神前式は挙げられます。ラフなウェディングスタイルとは真逆の神前式に、敷居の高さを感じる人も多いですが、実は制約も少なく、様々な演出をすることもできるのも魅力の1つです。また、和装は古臭いというイメージがありましたが、デザイン性が高い和装も増えていて、リーズナブルに借りることもできるようになっているので、衣装も安心して選ぶことができます。神前式は、日本独特の雰囲気を感じられる式ですから、会食も歴史ある料亭を選んだ方が雰囲気を統一することができます。

結婚式をする時に気になる部分が費用相場です。ウェディングスタイルによっても費用相場は変わってきますが、神前式の挙式費用の相場は、30,000円〜10,000円程度です。平均の相場は50,000円程度になります。一般的な費用相場はことの程度ですが、これに三管演奏を依頼すると30,000円〜50,000円の費用がプラスされます。代表的なウェディングスタイルの、キリスト教式の挙式よりも安い価格で式を挙げることができます。